高血圧 下げる ストレッチ

血圧を下げたいあなた、毎日元気で過ごしたいあなた!に贈る
血圧を下げられるストレッチ情報サイトです。
 首筋がこってきて、血圧が高めかな?って、心配でも・・・
 定期健康診断で、血圧が高いですよ!って、言われても・・・
 ずっと血圧高めで、コレステロールがヤバいのに、仕事忙しく・・・

放っておいては大変!!

5分ですけど、毎日しっかりストレッチして身体を柔らかくしてみませんか?
ストレッチの醍醐味を知って、血圧を下げる習慣を作りましょう♪

ストレッチって、本当にいいの?

ストレッチとは・・・

ストレッチって言う言葉は、よく聞きますし、言ったりしますよね。
でも、案外良く理解していない方が多いです。

 

わたしも、そんなにプロとはいえないけど、実践者としては、
経験長く、まず、身体でその意味、ストレッチってこれだ!を

 

知ることが大切だと思っています。
それで、ストレッチとは・・・伸ばすことなんです。

 

カタカナは響きはいいけど、伸ばすのほうがわかりやすい!
体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすこと!

 

これだけです。
それで、筋肉の柔軟性が高まり、関節が動く範囲が広がります。

 

これが、実はというかけっこう、かなり大きな効果であり、
その他の効果ももたらしてくれます。

 

呼吸を整えたり、精神的な緊張を解いたり、まあリラックスですね。
これが、実は血圧にも関わってきますよ。

 

ストレッチとは、伸ばして、筋肉が柔らなくなり、関節が自由に動けるようになる!

 

まあ、文字を読んだだけじゃ、わからないと思いますけど、

実践者の私から言わせると、アンチエイジング!!

50代のガタガタの身体が、30代の身体のように軽い動きが出来る!!

夢の様な!!フワァ〜フワァ〜ってな感じです♪

 

しかし、これって、注意することが、たくさん・・・いくつかありますね。

・継続が第一!
・一度に何時間やったところで、効果はないばかりか、危険なことも・・・
・あまり長時間無理にすると、翌日が大変・・・筋肉痛?体が重い・・・
・基本的には、一人で負荷をかけ過ぎないようにすべし・・・
・動画でみたり、本で読んだりしても、すぐには本当のやり方には到達できない!
・実践しながら、あなたの身体がポイントを自然と教えてくれる!!

イチロー選手:

 

まあ、単なる個人的な見解、見方かもしれませんけど、イチロー選手を例にわたしは挙げたいんですね。
まあ、彼の場合、血圧とは全然関係ないとは思いますけど、身体の柔軟性、動き、瞬発力のよさが光ります。

 

そして、大リーグにおいて、40歳過ぎても彼の野球生活において際立つのが、
自主トレ、準備運動が挙げられますし、誰しもが認めている事実です。

 

身体をほぐし、だから、身体のあちこち、各部位のストレッチを行ってるわけです。
それで、筋肉柔らかいでしょうね。そして、関節も広範囲に自由に動かせます。

 

だから、ビームのような投球、そして速球、また華麗なジャンピングキャッチ、
いろいろありますよね。

 

流石に、動体視力は落ちているとか言われていますけど、
身体は、まさにアンチエイジング!!じゃないですか。

 

いかがでしょうか。

 

筋肉が柔らかいとどうして血圧にいいの?

 

ちょっと、講義をしましょう。

 

 

血圧と筋肉

血圧は筋肉の動きととても密接な関係があります。
血液を全身に送り出すのは心臓ですけど、

 

実は、全身の筋肉が心臓を助けています。
筋肉を収縮させたり拡張させることで血管のポンプの働きをしているんです。

 

ですから、疲労などで筋肉が固くなったりする(肩こりとか、首すじのこりなど)と
血管のポンプとしての働きが弱くなります。

 

それで、心臓に負担がかかりやすくなってしまい高血圧の原因に繋がるのです。
ですから、ストレッチでいつも筋肉を柔らかくし、緊張もなくしておくのが

 

血圧には良いということですね。

 

血圧に影響する筋肉はどこ?

それは、脚の筋肉です。
心臓から脚に送り込まれた血液(動脈)は、脚の筋肉の屈伸運動を利用して心臓に送り返されます(静脈)。

 

「ふくらはぎ」は第二の心臓と言われるのは、このためです。
ここが、一番血行には影響が大きいでしょうが、脚だけ柔らかくしても、

 

他が硬いんじゃ、あまり血圧を下げる効果としては不十分です。
身体全体の筋肉を柔らかくするのがベストなんです。

 

ですから、ストレッチにも、いろいろそして、部位もいろいろあるんですね。
ただし、ポイントいわゆるツボがありますし、大切なんです。

 

軽い運動(ストレッチ)は血圧を下げる効果があり、安定につながる

基本的な考えをお話します。

 

わたしの経験でもそうですが、軽い運動というのは、血圧を下げる作用があります。
高血圧症の方には、おすすめの改善策なんですね。

 

その軽い運動は、いろいろあります。

 

ジョギングやウォーキング、サイクリング、、などが例としてあげられます。
全体的には、有酸素運動と呼ばれるものですね。

 

これは、だいたい20分から30分以上継続して行う必要があり、
その時間あたりから、あなたの体内の脂肪が燃焼していきます。

 

汗もかきだし、身体の中の感覚もご自分で分かるようになります。
まさに、燃えているっていう感じが、人によっては快感にもなっています。

 

血圧の原因?は、血行不良と簡単には理解されたらいいと思います。
その悪い原因となっているものが、いろいろなんですね。

 

血管が細くなっている、硬くなっている、不純物が内壁についている、、、、
これらに対して、治療ではないのですが、軽い運動は効果的です。

 

具体的に、軽い運動を考えるときのポイントはこれです。

 

毎日、続けられる軽い運動をしよう。

 

天候や、気分そして時間の都合などで、続けるというのは、実は大変なことなんですね。
先ほど、20分とか、30分て言いましたけど、本来なら、もっともっとって、

 

言いたいんですよね。
しかし、なかなかそこまで時間の取れる人って、ほんのわずかなんですね。

 

毎日でなくても、週に3回とか4回でも効果があります。
また室内においても、そして空き時間にと、

 

簡単な運動、ストレッチもあります。
時間的には、20分とかにとどきませんけど、

 

コリをほぐしたり、血行が良くなるんですね。
それで、血圧が下がってきます。

 

ポイントを押さえたストレッチ、ツボを刺激するもみほぐしなど
日常生活に取り入れると、とてもいいです。

 

高血圧症も改善されていきます。

 

生活習慣を見直しましょう。

 

わたしたちは、よく勘違いをするんですね。
高血圧の例ですと、たとえば、降圧剤を飲み始めると、急に血圧が下がって、

 

一時的に、もう身体がもとの丈夫な状態にもどったと勘違いして、
暴飲暴食したり、残業の毎日を送ったりします。

 

つまり、生活スタイルを以前のままにするんですね。
しかし、しばらくするとやはり、身体がだるくなったり、薬の量を

 

増やさなければいけなくなったりと、以前にもまして不安がドンドン大きくなります。
さらに、そうした状態で数年、あるいは若い方でも10年ぐらいすると、

 

高血圧から本当の病気になってしまう危険性が高くなります。
しかし、時すでに遅しとなって、治療に専念せざるを得なくなります。

 

ですから、例えば、食事にしても、減塩が直接の高血圧の原因じゃないという
ような記事あるいは、宣伝があったにしても、

 

やはり、気をつける要因として、注意しておいたほうがいいということです。
お酒、タバコにしてもそうですよね。

 

睡眠とか、冷たいもので身体が冷えるとか、、、
考えられることがたくさん出てきます。

 

若いから平気というのでなく、高血圧で、生活習慣を改めよう、、、ぐらいの
プラス思考がいいんですよね。

 

これが高血圧症の改善策で一番大切なところだとわたしは感じています。

 

わたしは、こうして高血圧症ながらも、血圧を安定させることに成功しました。
福辻さんがおっしゃるように、
いまでは身体の部位にとても柔軟性があるんです^^

5分間のストレッチはこれ!

5分間ストレッチ

 

中身は、DVD3枚セットです。
理論編:104分、モニター実践編:39分、実践編まとめ:53分

 

それで、実際は足首とか手の指を
ストレッチしていくんですね。

 

5分間ストレッチ

 

詳しくやり方を理論編で説明して、
実践を見ながら同じ要領でストレッチしていくんです。

 

「かんたんストレッチ5分だけで血圧が短期間で下がってしまう」
とあるんですけど、

 

それは、やはり人によって違うと思います。
ただ、どなたでもやっていくうちに

 

多少なりとも下がると思うのは、
わたしの経験からの感想なんですね。

 

メリット

たった5分間といってもストレッチには、
順序とかおさえるポイントがあります。

 

血液の流れなどしっかりと効率的に
改善していけるやり方を知ることができます。

 

整体・マッサージもそうですけど、
上手な方の施術はとても心地よく、

 

時に痛いところを劇的に改善してくれますよね。

 

デメリット

価格が14800円と高価ですよね。

しかし、高血圧症で入院とかされたら、

 

それこそ、10万円とか、手術などで50万円の
費用を考えたら、健康で居られる生活を

 

1万円で手に入れられたら価格以上に
満足感を毎日手に入れることができます。

 

実際、これを事細かにリサーチされた方がいらっしゃいます^^
⇒ 福辻式高血圧を下げるDVDの体験談はこちら

 

こちらの方では、ひと月近くで満足の結果、
うれしい効果を得ていらっしゃいますね。

 

5分間ストレッチ

(公式サイトの例・・・理想的)

まあ、こんな劇的な改善ではなかったようですが、
10ポイントも下がったことに驚かれていますね。

 

ですから、
継続することが大切だと思うんですね。

 

5分間ストレッチ


 

わたしはこうして血圧を安定させています!

 

私の血圧変動:

 

毎日サイクリングを1時間ぐらいすると、
かならず、血圧は110/70前後になります。

 

そして、ものすごく身体が軽く感じられます。
しかし、いつもこうした安定した測定値かというと、実は、そうじゃないです。

 

上のサイクリング時の数値は理想ですよね。

 

ところが、わたしは、朝とか夜疲れているときは、
血圧は高いんですね。

 

まあ、平均するといいのかもしれませんけど、
疲れている時って、どなたでも身体の感じわかりますよね。

 

そんなときは、わたしは、だいたい140/90ぐらいあるいは
それ以上なんですね。

 

それが、運動、ストレッチをして、血圧が下がるという
このパターンなんです。ですから、

 

わたしは、運動なくして、血圧の安定はないと思っています。

以前は、薬を飲んでいても、140/90ぐらいが平均でした。

 

5分間ストレッチ

 

ストレッチが継続できないあなたへ:わたしがおすすめする降圧ストレッチ継続法♪

運動が血圧に良いとはよく言われることです。

 

 

  • ジョギング
  • 水泳
  • ストレッチ
  • 散歩

・・・・

 

 

いろいろありますよね。
でも、これで全部血圧が下がっているなら、
高血圧の方はいないはずです。

 

 

一番の問題は何か?

 

それは、継続です。
これももうあなた自身もおわかりじゃないでしょうか。
わたしもそうでした。

 

 

多くの方が、知っているけど、続かない!!
ですから、要はなんでもいいんです。
ジョギングでも水泳でもストレッチでも。

 

 

肝心なのはそれをずっと続けること!
それが出来ない方があまりにも多いわけです。

 

 

「じゃ、あんたは何やってんの?そんな秘訣があんの?」

 

 

どなたもそう思いますよね!
わたしの答えはこれです。

 

 

最初、健康診断とかで指摘されて、
危機感を感じたときは、エネルギー全開です。
「よっしゃ、明日から朝6時に起きて、散歩」とかって、

 

 

わかりますよね。
あるいは、DVD買って、届いたら、すかさず
画面を見ながら、体を動かして見る。
「あるほど〜、体が軽いぞ♪」って、

 

 

その時は、気持ちもいいし、爽快じゃないですか。
しかし、2,3日経つと、朝眠いから、今日は休みとか、
DVDもう見たから、もう飽きた、、ってなりません?

 

 

だから、続かないんです。
よくモチベーションって言いますよね。
それをずっと高めるのが難しいんです。

 

 

一人でやろうとするから出来ないんです。
続かないんです。
でも、そんな仲間いないとか、同僚に知られたくないとか、
ありますよね。

 

 

でも、一人の環境を改善するとこで、
劇的に、あなたがストレッチを続けられるようになります。

 

 

わたしが提案するストレッチ環境改善方法

 

ステップ1

ストレッチをするのに、他人を巻き込む。

 

 

一番いいのは、一緒にストレッチする相手です。
しかし、難しい方が多いでしょう。
だれでもいいんです。

 

 

奥さん、ご主人、子供、同僚などです。
一緒にやってくれっていうことではないです。
大切なのは、あなたがストレッチをすることに
関心を持ってもらうこと。

 

 

ステップ2

わかりやすく数値に表す。

 

 

ストレッチはだいたい5分とか10分でいいです。
しかし、この数値じゃなく、

 

 

今日やったら、血圧が135とか、
きょうのストレッチのやった数は4種類とか、
ストレッチの回数が3回とか、

 

 

なんでもいいです。

 

 

数字で表して目でわかることが大切。

 

 

 

ステップ3

指標を大きな紙に書いて貼る。

 

 

ステップ2で考えた項目を紙に表にして書きます。
大きな紙というのは、はっきりわかりやすいから。
遠くからでもわかる大きさでないとダメ。

 

 

A3用紙、あるいは、それを2枚くっつけて貼ります。
貼る場所は、みんなが一緒になるリビングとか、
キッチンの壁ですね。

 

 

テレビを見ながらでも、目につく場所がいいです。
そして、もう一枚は、あなたがひとり時間があるとき、
いつも居る場所の壁に貼ります。

 

 

机の前とか、ベッドの横の壁でもOK

 

 

ステップ4

いつもストレッチする場所を決めて、
環境を整える。

 

これがとても大切です。
できれば、家なら、あなたが長く居る場所に設置する。
具体的には、マットを使うなら、

 

 

いつもマットを敷いていおく。
わたしの場合なら、壁を使うなら、
その壁の前に専用のスリッパを置いておく。
壁には、手の形の印を付けておく。

 

 

こうすることで、いつでも、
そこに行くだけで、やってみようという気分になります。

 

 

ステップ5

いつも紙を見ながら、みんなで降圧ストレッチについて会話する。

 

 

「パパ、今日は、回数少ないんじゃない?」とか、
「あなた、血圧下がってるわねぇ〜」とか、
「調子はどうなの?」とか、

 

 

一人でも、二人でも、できれば家族全員が
あなたの降圧ストレッチに関心をいつも示してくれることが大切。

 

 

 

ですから、ストレッチをやる場所を決めて、
だれかが、あなたのストレッチに擬似的にも参加してくれるわけです。
あなたは一人じゃないんです。

 

 

すると、気持ちもよくなり、血圧が下がってきている実感が
得られると、さらにやる気も出てきます。

 

 

これが、わたしが実践しているやり方です。

 

 

いかがでしょうか。
ぜひ、一度試してみてくださいね。

 

 

 

口コミ

40代、女性

私は若い頃は低血圧だったので、油断していましたが、
加齢とともに血圧が上がってきたです。

 

勤め先の定期健康診断などで気付きました。
実は、私、食事療法が苦手で、

 

塩分制限もまじめにしない方です。
季節や運動量によって、塩分摂取量はてんでんばらばらです。

 

「おいしければいいんじゃない」で生きています。
DVD紹介の説明文の中に

 

「高血圧の最大の原因は塩分の摂り過ぎではない」
とあったのにひかれました。

 

紹介されているいろんなストレッチを一通りまねしてみました。
4日間、朝、夕、15分位ずつしたでしょうか。

 

150前後だった最高血圧が130や120台
それを下回るまでになることもあります。

 

でも、怠ったり驚いたりすると上がるので、
気持ちを安定させることも大事なようです。

 

体の柔らかさと気持ちのおちつき、これが、
何より大事で、薬に頼るのはやめる方向で努力します。

 

主治医にも相談します。
実践しやすいストレッチをいろいろありがとうございます。

 

高血圧あなたも、毎日がお忙しいのなら、まずは5分間のストレッチ運動から
  高血圧を下げる方向へ進んでみてはいかがでしょうか。

 

5分間ストレッチ

 

ストレッチ ストレッチで血圧を下げるためのポイント

基本の血圧を下げるストレッチをマスターしたら、
ご自分の体と向き合いながら、身体が軽くなる方向へ徐々にアレンジしていくと、

 

ストレッチがかなり気持ちよく、血圧もさらに安定してくると思います。